働く時は白シャツにネクタイ、
誰もがスーツを着る。
「画一性」が求められる時代がありました。

軽装勤務、
私服でお越しください。
「個性」が求められる時代も到来しました。

いま、働き方の選択肢が増え、
価値観が多様化する中、
ビジネスウェアの定義が
大きく変わろうとしています。

私たちは、新しい時代の
「ビジネスウェアの在り方」を
ビジネスパーソンと共に
模索し続けていきます。

MISSION

ビジネスウェア
3.0を定義する

シン・シゴト服ラボでは、
業界やブランドが作り出す流行ではなく、
現代社会で働くビジネスパーソン主導で、
新しいビジネスウェアの在り方を
提示する活動を行っています。

シン・シゴト服ラボとは

コミュニティに参加すると、
新商品開発や新サービス開発などのプロジェクトに参加できます。
加えて、コミュニティメンバー限定のコンテンツ閲覧や
イベント参加、コミュニティの運営に関わることも可能です。
また、コミュニティの活動を社会に向けて発信する「シゴラボ編集部」として、
社会を動かすコミュニケーションに携わることもできます。

  • 新時代のビジネスウェアやサービスをつくれる

    01.新時代のビジネスウェアや
    サービスをつくれる

  • 普段の仕事では繋がれない人と出会える

    02.普段の仕事では
    繋がれない人と出会える

  • 社会を動かすきっかけが生み出せる

    03.社会を動かす
    きっかけが生み出せる

ANNOUNCE

  • いまの時代に合った就活の服装とは何か
  • 洋服の青山×NewsPicks会員全く新しいジャケット誕生!!
  • PROJECT
    01
    外勤ワーカーに向けた店舗活用PJ

    外勤ワーカーに向けた店舗活用PJ

    「洋服の青山」の店舗スペースを有効活用して、 現代のビジネスパーソンが抱える課題の解決を目指すプロジェクト

  • PROJECT
    02
    リモートワーカーに向けた商品開発PJ

    リモートワーカーに向けた商品開発PJ

    リモートワーカーの仕事快適性を求め、シゴトの時に本当に着たいと思える服「WAGAMAMA JACKET」をつくるプロジェクト

  • PROJECT
    03
    きがえよう就活PJ

    きがえよう就活PJ

    「これ“が”いい」と自分の意思で就職活動における装いを選ぶために、「#きがえよう就活」を合言葉に、日本の就活を「きがえる」プロジェクト

MEMBER

  • コミュニティマネージャー 星川 直美
    コミュニティマネージャー
    星川 直美
  • 店舗活用プロジェクトマネージャー 馬司 利治
    店舗活用プロジェクトマネージャ

    馬司 利治
  • 店舗活用PJメンバー 木下 直美
    店舗活用PJメンバー
    木下 直美
  • 店舗活用PJメンバー 濱本 隆太
    店舗活用PJメンバー
    濱本 隆太
  • 店舗活用PJメンバー 飯田 有紀子
    店舗活用PJメンバー
    飯田 有紀子
  • 店舗活用PJメンバー 藤井 大輝
    店舗活用PJメンバー
    藤井 大輝
  • 商品開発プロジェクトマネージャー 岡本 政和
    商品開発プロジェクトマネージャ

    岡本 政和
  • 商品開発PJメンバー 渡辺 美佐
    商品開発PJメンバー
    渡辺 美佐
  • 商品開発PJメンバー 友岡 賢二
    商品開発PJメンバー
    友岡 賢二
  • 商品開発PJメンバー 安藤 晃規
    商品開発PJメンバー
    安藤 晃規
  • 就活PJメンバー 寺口 浩大
    就活PJメンバー
    寺口 浩大
  • 就活PJメンバー 佐藤 乃亜
    就活PJメンバー
    佐藤 乃亜
  • 就活PJメンバー 岡田 裕介
    就活PJメンバー
    岡田 裕介
  • 就活PJメンバー 陶山 佳那
    就活PJメンバー
    陶山 佳那
  • 就活PJメンバー 副島 弘輝
    就活PJメンバー
    副島 弘輝
  • シゴラボ編集長 山尾 真実子
    シゴラボ編集長
    山尾 真実子
  • シゴラボ編集長 工藤 萌
    シゴラボ編集長
    工藤 萌

and more…

働く人と一緒に、働く人のための挑戦を

Community manager
星川 直美

2020年7月。青山商事のリブランディング室副室長から 「新しくつくるコミュニティの、コミュニティマネージャーにならないか」と打診がありました。打診されてすぐは正直なところ、この業務が何につながるのかハッキリとはわかりませんでした。それでも、コミュニティ運営に携わることで外の人の意見を聞くことができ、会社の中からでは変えられないことを、一緒に変えられるのではと感じました。今の仕事のあり方を変え、会社を変えるチャンスなのではと思ったのです。迷う余地はなく「やります」と答え、他の業務と兼任し、コミュニティマネージャーを務めることに…。

これからのビジネスウェアを、
一緒につくりませんか?

コミュニティに参加する